適応障害について知る|診断基準や治療方法

性格や物事に対する見方

医者

適応障害というのは、ストレスが原因となって引き起こされる心の病です。ストレスに溢れている現代社会において、誰しもが適応障害を患ってしまう可能性があると言っても良いでしょう。もし、自身の家族等の身近な人々の中で適応障害を患ってしまっている人がいるのであれば、接し方に注意しなければなりません。接し方によっては適応障害を患っている人にとって、ストレスとなります。ストレスは症状の悪化を引き起こし、場合によっては適応障害がうつ病に変わってしまうこともあるのです。適応障害を患ってしまっている人と接する時には、まずその病気について知ることが大切になります。この心の病は人の性格や本質、ものの見方を変えてしまいます。そのため、今あるその人の性格ではなく、病前の性格を思い出しましょう。

適応障害を患っている状態では物事に対して悲観的で、歪んだ考え方を持ってしまっています。病前の性格では、そういったことはなかったはずです。適応障害を改善することができれば、その人は病前に性格に戻ります。そのため、今ある性格でその人を判断してはいけないのです。つまり、適応障害を患っている人と接する時には、今ある性格からその人を判断して突き放してしまうのではなく、病前の性格のことがその人の本質であると考えた上でサポートしてあげることが大切になるのです。その人がいつでも声を掛けられるような状況、いつでも助けられるような姿勢を取っておくことが、適応障害を患っている人と接する際に重要なポイントとなります。