適応障害について知る|診断基準や治療方法

予防方法と早期発見

婦人

人というのは誰しも、何かしらのストレスを感じているものです。ストレスというのは、様々な心の病を引き起こす原因となります。例えば、適応障害やうつ病です。つまり、誰もが適応障害やうつ病を患ってしまう可能性があるものなのです。ここでは、例として挙げられた心の病の内、適応障害の予防方法と発症サインについて知っていきましょう。この心の病の予防方法は、ストレスコントロールにあります。前述した通り適応障害はストレスが原因となって引き起こされる心の病であるため、自身がストレスを対処する方法を身に着けることができれば予防することができるのです。ストレスコントロールをできるようになるためには、考え方を変える必要があります。今ある考え方を、ストレスに強い考え方に変えるのです。そういった心の病を患ってしまう人というのは、ストレスに対して受け身の姿勢を取っていることが多いと言われています。受け身の姿勢を取るのではなく、自身でストレスをコントロールするという強い姿勢を取ることによって今の状態を楽にすることができるのです。

ストレスコントロールというのは適応障害の治療に効果的なだけではなく、その先の社会生活においても役に立つスキルとなるでしょう。しかし、そういった予防を行なっていたとしても、人生というのは何が起きるか分かりません。もしかすると、考え方を変えるだけでは取り払えないような大きなストレスに襲われるかもしれません。また、本人が認識していないだけでストレスを感じてしまっていることもあるのです。つまり、予防していたとしても自身の状態に関しては注意することを忘れてはいけないのです。もし、意欲の低下や抑うつ状態、不安感、焦燥感といった情緒面における変化、不安感や焦燥感からくる暴力・衝動行為、アルコール乱用といった行動面における変化が現われているのであれば、早期に精神科や心療内科を受診することをお勧めします。それらの変化というのは、適応障害によって現れる症状なのです。このように、適応障害を患ってしまった時には情緒面・行動面において大きな変化が現われます。自身に現れた変化というのは自身では分かりづらいものですので、もしかすると身近にいる家族から指摘されるかもしれません。そういった指摘を受けた時や自身で変化に気づくことができた時には、精神科や心療内科を受診して専門医に診察してもらいましょう。その診察によって適応障害と診断されれば、認知療法による治療を進めていくことができます。