適応障害について知る|診断基準や治療方法

社会生活に影響を及ぼす

看護師

心の病の一つに、「適応障害」と呼ばれるものが存在します。適応障害というのは、情緒面や行動面に現れる症状によって社会的機能が著しく低下している状態のことを指す病気で、その原因はストレスにあると言われています。うつ病と間違われることもありますが、うつ病と適応障害は異なる病気です。ただ、異なると言っても適応障害と診断された人々の40%は5年後にはうつ病と再診されており、適応障害が引き金となって重篤な病気を引き起こすことは明確です。そのため、この心の病を患ってしまった時には早期発見早期治療が大切になります。まずは、適応障害における診断基準について知っていきましょう。この心の病の診断基準は、「ストレスを感じてから三ヵ月位以内に情緒面・行動面に関する異常が見られた」「ストレスを感じる状況に直面すると、情緒面・行動面に関する強い異常が見られる」「ストレスを感じる状況を想像するだけで、情緒面・肉体面に異常がでる」といった3つの基準になります。それらの3つの診断基準の内、1つでも満たしており尚且つ強い症状が現われるのであれば、適応障害を患っている可能性があるのです。精神科や心療内科では、それらの診断基準を満たしているかどうかカウンセリングを通して判断し、診断をくだします。

適応障害であると医師に診断された際には、しばらく病院に通院することになるでしょう。精神科や診療科では、ストレスの原因となるものを排除することで治療を行なっていったり、患者日隠任の適応力を高めるための治療を行なったりします。ストレスの原因となるものを排除する治療法では、環境調整によって行われます。基本的に、ストレスというのはその人が置かれている環境を変えることで消し去ることが可能で、それによってこの心の病も治療することができるのです。しかし、環境を変えることが難しいケースもあり、そういった場合には本人の適応力を高める治療が行われていきます。ストレスというのは、人によってどれだけ耐えられるかが違います。それは、人による耐性の強さではなく、ストレスの受け止め方の違いによって生じる差です。適応力を高める治療では、専門医がそういった受け止め方に関するアプローチについて患者に教え、ストレスに対する適応力を高めていきます。こういった治療は認知行動療法と呼ばれるカウンセリングで、とても効果的です。もし、この心の病の症状によって強い不安感を感じていたり不眠といった症状が現われていたりするのであれば、投薬治療も平行して進められていきます。強い不安感には抗不安剤、不眠に対して睡眠薬が処方されるでしょう。基本的に投薬治療はカウンセリングによる認知行動療法のサポートであり、投薬治療のみの治療を進めても上手くいかないことが多いです。つまり、環境調整によるストレス原因の排除やカウンセリングによる適応力の向上が、適応障害の治療においても重要なポイントになってくるということになります。

カウンセリング

適応障害とうつ病

適応障害の主な治療法というのは、認知療法と呼ばれるものになります。状況に応じて抗不安剤や睡眠薬が処方されますが、基本的に副作用で悩まされるような薬は処方されません。

婦人

予防方法と早期発見

適応障害を予防したいと考えているのであれば、ストレスをコントロールできるようにならなければなりません。ストレスをコントロールするためには、考え方を変えることが重要になります。

悩む紳士

様々な治療方法

適応障害の治療方法というのは、幾つか存在します。代表的なものはカウンセリングやセラピーによる精神療法と認知療法で、適応障害による症状が辛いものであれば投薬治療や漢方療法が平行して行なわれます。

医者

性格や物事に対する見方

適応障害を患ってしまうと、性格や物事に対する見方の変化が歪み、悲観的になってしまいます。もし、身近に適応障害を患ってしまっているという人がいるのであれば、理解のある接し方でサポートしてあげましょう。